Sencha Ext JS 7.7 is Here – Discover What’s New and Exciting – LEARN MORE

Sencha Themer 1.3の正式リリース

August 8, 2017 173 Views
Show

Ext JS 6.5.1やCmd 6.5.1、そしてExtReactをサポートしたSencha Themer 1.3の正式リリースを発表できることに興奮しています。Themer 1.3では、ローカルのフォントやCSSのエクスポート、既存アプリケーションやワークスペースに関するサポートの改善など、お客様からの様々な要望を取り入れています。

Download Now

新機能について

下記はThemer 1.3の主な新機能です。

Ext JS 6.5.1の新機能のサポート

Ext JS 6.5.1 ではお客様やコミュティより頂いた要望やご報告頂いた問題の修正を行いました。Themer 1.3はExt JS 6.5.1をサポートすると共に、新しいDisplayfieldコンポーネントや、ツールバー、タブパネル、グリッドセルのオーバーフローに関する強化機能のテーマ作成が可能です。

Sencha Themer 1.3 - Supports New Ext JS Displayfield Component and More

Cmd 6.5.1のAPIのサポート

Themer 1.3では最新のCmd 6.5.1とその新しいAPIを利用し、テーマパッケージのSass名前空間を変更することなく、新しいUIを追加することが可能です。これは、名前空間の値に依存している既存のテーマがThemerとより互換性を持つことを意味します。

ExtReact 6.5.1の新機能のサポート

ExtReact 6.5.1 では、いくつかのコンポーネントの改善とバグ修正と共に、いくつかの機能強化がExtReactツールに提供されています。Themer 1.3では、ExtReact 6.5.1のコンポーネントを利用するReactアプリケーションのカスタムテーマを作成することができます。

テーマへのローカルフォントの追加

Themer 1.3では、たくさんの要望を頂いている機能の一つである、「ローカル」のフォントをテーマに追加する機能をサポートしました。「ローカル」フォントは、Googleではなく、自身のサーバーから提供したい独自に所有しているフォントです。

ローカルフォントを追加するには、単にThemer Font Managementダイアログを開き(Tools > Manage Web Fonts)、フォントファイルを格納しているフォルダを選択下さい。Themerはフォントファイルをfontsディレクトリのテーマのresourcesフォルダにコピーします。Themerは、検出された有効なフォントファイルのメタデータに基づき@font-face定義を持つSCSSファイルを生成します。これにより、テーマにローカルフォントが追加され、Themerのfont family変数のドロップダウンで対象のフォントを利用できるようになります。

Sencha Themer 1.3 - Add Local Fonts to Your Theme

CSSのエクスポート

Themerは「Export CSS」のオプションをサポートしました。このオプションはテーマパッケージとそのアセットをビルドし、通常の方法で利用できるようCSSファイルとディレクトリを提供します。これは、アプリケーションのビルドでSencha Cmdを利用していないお客様にとって有用な機能です。

Sencha Themer 1.3 - Export CSS

既存のアプリとワークスペースへのサポートの改善

Themer 1.3では既存のアプリやワークスペースへのサポートを改善しました。複数のフレームワークを持つワークスペースや特定のTooklit用アプリケーションへのより良いサポートを行なっています。特定のToolkit用のテーマを作成できるようになりました。

Sencha Themer 1.3 - Improved Support for Existing Apps and Workspaces

フィードバックをお寄せ下さい

今回のリリースについて興奮しており、皆様がThemer 1.3を利用して素晴らしい外観を持つアプリの開発を楽しまれることを願っています。詳細についてはドキュメントをご覧頂き、ぜひお試し頂けますと幸いです。Sencha Themer forum にて、皆様からのフィードバックのコメントを拝見することを楽しみにしています。

Recommended Articles

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 1/6)

Ext JS Data Gridは、高速で強力かつ柔軟に利用できます。Ext JSを使用すると、ユーザーは自分のアプリケーションに合わせてグリッドの外観をすばやくカスタマイズできます。全6回構成のブログシリーズでExt JS Data Gridをカスタマイズするさまざまな方法をカバーします。

Sencha Ext JS 7.1およびツールの提供開始のお知らせ

Ext JS、ExtAngular、ExtReact、ExtWebComponents、およびツールのバージョン7.1を提供開始いたしました。この記事ではバージョン7.1の改善点について紹介します。

Sencha 2019/2020 ロードマップアップデート

少し前にSenchaのロードマップをご案内しました。これについてお客様から素晴らしいフィードバックをいただいており、2019/2020ロードマップにそれらの提案を取り入れたいと思います。

今秋のアップデート – Senchaジェネラルマネージャのデスクから

前回Senchaコミュニティに情報発信してから、数週間が経ちました。私たちのプライオリティと製品ロードマップは、お客様の声によって形成されており、皆さんがすばらしいアプリケーションを構築できるような価値ある製品強化を提供していきたいと考えています。今回、いくつかの進行中の開発状況に関して紹介するとともに、コミュニティの皆さんにアップデートを提供したいと思います。

コンポーネントファーストのアプローチでアプリ開発をスピードアップ

開発者は、アプリケーションを構築し、迅速かつ効率的に市場に投入するために、再利用可能かつポータブルなコードに長い間依存してきました。コンポーネントベースの開発は、ReactやAngularなどの人気のあるフロントエンドフレームワークの多くで開発されたアプリケーションのホームを見つけてきた、JavaScriptの現代の進化を通じて人気を維持しています。

Sencha ロードマップ アップデート – 2019年9月

Senchaロードマップのアップデートを共有できることを嬉しく思います。私がGMとして参加してからの半年間、私たちのコアチームはSenchaを明確な成長軌道に載せるために一生懸命取り組んできました。今年の4月にいくつかの計画を共有しましたが、すべての面で大きな進歩を遂げていることを喜んで報告します。

View More

coming soon

Something Awesome Is

COMING SOON!