Sencha Ext JS 7.7 is Here – Discover What’s New and Exciting – LEARN MORE

Ext JS Upgrade Adviser 提供開始のお知らせ

June 12, 2019 156 Views
Show

Ext JS Upgrade Adviser 1.0 リリース

Ext JS Upgrade Adviser 1.0 が利用可能となったことをお知らせします。 Ext JS Upgrade Adviserは、Ext JS 4.xおよび5.xアプリケーションをスキャンし、最新のExt JSバージョン(6.x)にアップグレードする前に対処すべきソースコード内の問題点を検出しレポートします。Ext JS Upgrade Adviser では以下の機能が提供されます。

  • Ext JS ESLint PluginはExt JSアプリケーションに対してコマンドラインから実行したり、Visual Studio CodeなどのIDEに統合する形で利用可能
  • Ext JS ESLint Plugin ESlintルールにより Ext JS 6.x で削除、プライベート、非推奨となったメソッド、設定、プロパティを検知可能
  • Ext JS ESLint Pluginは検知された問題箇所を自動的に修正するためのオプションを提供
  • Ext JS 4.x および 5.x アプリケーションに対するスキャンの結果や影響を受けるソースコードをビジュアルに確認するためのデスクトップアプリケーションを提供
  • Classic と Modern の両方のツールキットをサポート

 

Ext JS 6.xにアップグレードするメリット

Ext JS 6.xでは、デスクトップ、タブレット、スマートフォンなどをターゲットとしたユニバーサルアプリケーションを単一コードベースで構築できます。Ext JS 6.xは、Pivod Grid、Calendar、D3、強化されたエクスポーターなど新しいコンポーネントをサポートしています。これらの新しいコンポーネントに加えて、row bodyウィジェットを含むGridの強化、コア機能と新しいグラファイトアクセシブルテーマに関するARIA機能によるアクセシビリティの改善も含まれています。Ext JS 6.xを用いれば、Ext JS npmパッケージやExtGen、ExtBuildといった新しいオープンツールにアクセスすることもできます。

Ext JS Upgrade Adviser を試用するには

Recommended Articles

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 2/6)

全6回構成の「Ext JS Data Gridカスタマイズ」ブログシリーズの最初の記事では、GridやColumnのプロパティをカスタマイズしてデータグリッドを外観や機能を変更する方法を説明しました。この記事ではデータ表示用のメソッドグリッドを用いてデータグリッドをすばやくカスタマイズする方法を説明します。

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 1/6)

Ext JS Data Gridは、高速で強力かつ柔軟に利用できます。Ext JSを使用すると、ユーザーは自分のアプリケーションに合わせてグリッドの外観をすばやくカスタマイズできます。全6回構成のブログシリーズでExt JS Data Gridをカスタマイズするさまざまな方法をカバーします。

Sencha Ext JS 7.1およびツールの提供開始のお知らせ

Ext JS、ExtAngular、ExtReact、ExtWebComponents、およびツールのバージョン7.1を提供開始いたしました。この記事ではバージョン7.1の改善点について紹介します。

Sencha 2019/2020 ロードマップアップデート

少し前にSenchaのロードマップをご案内しました。これについてお客様から素晴らしいフィードバックをいただいており、2019/2020ロードマップにそれらの提案を取り入れたいと思います。

今秋のアップデート – Senchaジェネラルマネージャのデスクから

前回Senchaコミュニティに情報発信してから、数週間が経ちました。私たちのプライオリティと製品ロードマップは、お客様の声によって形成されており、皆さんがすばらしいアプリケーションを構築できるような価値ある製品強化を提供していきたいと考えています。今回、いくつかの進行中の開発状況に関して紹介するとともに、コミュニティの皆さんにアップデートを提供したいと思います。

コンポーネントファーストのアプローチでアプリ開発をスピードアップ

開発者は、アプリケーションを構築し、迅速かつ効率的に市場に投入するために、再利用可能かつポータブルなコードに長い間依存してきました。コンポーネントベースの開発は、ReactやAngularなどの人気のあるフロントエンドフレームワークの多くで開発されたアプリケーションのホームを見つけてきた、JavaScriptの現代の進化を通じて人気を維持しています。

View More

coming soon

Something Awesome Is

COMING SOON!