Sencha Ext JS 7.7 is Here – Discover What’s New and Exciting – LEARN MORE

Sencha RAD Mix Tokyoのご案内

November 20, 2017 106 Views
Show

拝啓

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 2017年8月にご案内致しましたとおり、弊社Sencha Inc.(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は、アイデラの開発ツールファミリーへと加わり、Delphi / C++Builder / RAD Studioといった製品を提供するエンバカデロ・テクノロジーズ(本社:米国テキサス州オースティン)とともに、開発ツールビジネスを展開していくこととなりました。

 これに伴い、2017年11月より、Sencha Inc. 日本オフィスも、エンバカデロの日本法人であるエンバカデロ・テクノロジーズ合同会社(東京都文京区、日本法人代表:藤井 等)とともに活動を開始し、Sencha製品の販売、マーケティング、サポートを展開しております。

 その一環として今回、Senchaユーザーの皆様、さらには既存のエンバカデロ製品ユーザーの皆様やWebアプリケーション開発に興味をお持ちの開発者の皆様を対象とした技術イベント「Sencha RAD Mix Tokyo」を東京・秋葉原のUDX GALLERY NEXTにて開催させていただきます。

 エンバカデロは、ジェネラルマネージャのアタナス・ポポフのリーダーシップにより、Sencha製品の研究開発と市場開拓力の強化を推進しています。こうした取り組みの一環を、このイベントでもご紹介させていただきたいと考えておりますので、ぜひご参加ください。

 今後とも引き続きSencha製品のご愛顧をお願い申し上げます。

「Sencha RAD Mix Tokyo」開催概要:
日時:2017年12月13日(水)10:00~17:30(9:30受付開始)
主催:エンバカデロ・テクノロジーズ
協賛:ゴールドスポンサー
    キヤノンITソリューションズ株式会社、株式会社フルネス
   シルバースポンサー
    株式会社コンポーネントソース、株式会社翔泳社、株式会社ゼノフィ、株式会社ミガロ.
会場:UDX GALLERY NEXT(東京・秋葉原) ※秋葉原駅徒歩2分
参加費:無料(事前登録制)
詳細・お申し込み:http://forms.embarcadero.com/sencha-rad-mix

敬具

Recommended Articles

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 2/6)

全6回構成の「Ext JS Data Gridカスタマイズ」ブログシリーズの最初の記事では、GridやColumnのプロパティをカスタマイズしてデータグリッドを外観や機能を変更する方法を説明しました。この記事ではデータ表示用のメソッドグリッドを用いてデータグリッドをすばやくカスタマイズする方法を説明します。

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 1/6)

Ext JS Data Gridは、高速で強力かつ柔軟に利用できます。Ext JSを使用すると、ユーザーは自分のアプリケーションに合わせてグリッドの外観をすばやくカスタマイズできます。全6回構成のブログシリーズでExt JS Data Gridをカスタマイズするさまざまな方法をカバーします。

Sencha Ext JS 7.1およびツールの提供開始のお知らせ

Ext JS、ExtAngular、ExtReact、ExtWebComponents、およびツールのバージョン7.1を提供開始いたしました。この記事ではバージョン7.1の改善点について紹介します。

Sencha 2019/2020 ロードマップアップデート

少し前にSenchaのロードマップをご案内しました。これについてお客様から素晴らしいフィードバックをいただいており、2019/2020ロードマップにそれらの提案を取り入れたいと思います。

今秋のアップデート – Senchaジェネラルマネージャのデスクから

前回Senchaコミュニティに情報発信してから、数週間が経ちました。私たちのプライオリティと製品ロードマップは、お客様の声によって形成されており、皆さんがすばらしいアプリケーションを構築できるような価値ある製品強化を提供していきたいと考えています。今回、いくつかの進行中の開発状況に関して紹介するとともに、コミュニティの皆さんにアップデートを提供したいと思います。

コンポーネントファーストのアプローチでアプリ開発をスピードアップ

開発者は、アプリケーションを構築し、迅速かつ効率的に市場に投入するために、再利用可能かつポータブルなコードに長い間依存してきました。コンポーネントベースの開発は、ReactやAngularなどの人気のあるフロントエンドフレームワークの多くで開発されたアプリケーションのホームを見つけてきた、JavaScriptの現代の進化を通じて人気を維持しています。

View More

coming soon

Something Awesome Is

COMING SOON!