Sencha Ext JS 7.7 is Here – Discover What’s New and Exciting – LEARN MORE

Sencha日本語Webサイトオープン

July 8, 2018 177 Views
Show
この記事は、Hitoshi FujiiによるSencha日本語Webサイトオープン記事の転載です。

昨年8月末にWebアプリケーション開発プラットフォームSenchaの買収を発表してから、早くも10ヶ月半が経過しました。Sencha買収後初のイベントとして「Sencha RAD Mix Tokyo」を実施したのが昨年12月。その後、3月と5月に実施したデベロッパーキャンプでは、Senchaに関する話題も取り上げ、Delphi / C++ユーザーのためのSenchaセッションも実施しました。

製品サイドでは、Sencha製品ファミリーのロードマップを発表し、定期的にアップデートを繰り返し、現在では、主力製品であるExt JSのバージョンが6.6にまで上がりました。アイデラの傘下となってからは、Ext JSのフレームワーク本体とビジュアルツールであるArchitectのアップデートタイミングも的確にシンクロするようになり、新しいフレームワークのためのツール環境が使えるようになるまで少し時間がかかるという問題も解消しています。

また、Delphi / C++Builder側でもSenchaとの連携性を高めるアップデートが加えられており、RAD Serverが供給するREST/JSONが、Senchaに適合しやすくなるような機能強化も行われています。Senchaは、データベースやバックエンドの企業システムとの接続にはオープンなREST/JSONを用いるのが一般的で、その手段のひとつとしてDelphi / C++Builderによる中間サーバー構築、すなわちRAD Serverが有効です。この件については、Atanasのブログ記事(の抄訳)でも紹介されています。

さて、そのように積極的な展開が始まったSenchaに対して、ちょっと歯がゆい思いをしていたのが、Webサイトです。日本以外の国は「英語さえあれば」という感覚ですが、日本においては、やっぱり日本語情報がほしい、特に新たにSenchaについて知りたいという方には必須、という意識です。Sencha Inc.は、エンバカデロほど日本語の情報提供について積極的でなかったり、経験がなかったりしたので、実現には少し時間がかかりました。しかし、いよいよ日本語サイトオープンです。

現時点では、Ext JSの製品情報を中心に日本語化してありますが、これからどんどん日本語情報の幅を広げていきます。ご期待ください。

Recommended Articles

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 2/6)

全6回構成の「Ext JS Data Gridカスタマイズ」ブログシリーズの最初の記事では、GridやColumnのプロパティをカスタマイズしてデータグリッドを外観や機能を変更する方法を説明しました。この記事ではデータ表示用のメソッドグリッドを用いてデータグリッドをすばやくカスタマイズする方法を説明します。

Ext JS Data Gridをすばやくカスタマイズする方法(part 1/6)

Ext JS Data Gridは、高速で強力かつ柔軟に利用できます。Ext JSを使用すると、ユーザーは自分のアプリケーションに合わせてグリッドの外観をすばやくカスタマイズできます。全6回構成のブログシリーズでExt JS Data Gridをカスタマイズするさまざまな方法をカバーします。

Sencha Ext JS 7.1およびツールの提供開始のお知らせ

Ext JS、ExtAngular、ExtReact、ExtWebComponents、およびツールのバージョン7.1を提供開始いたしました。この記事ではバージョン7.1の改善点について紹介します。

Sencha 2019/2020 ロードマップアップデート

少し前にSenchaのロードマップをご案内しました。これについてお客様から素晴らしいフィードバックをいただいており、2019/2020ロードマップにそれらの提案を取り入れたいと思います。

今秋のアップデート – Senchaジェネラルマネージャのデスクから

前回Senchaコミュニティに情報発信してから、数週間が経ちました。私たちのプライオリティと製品ロードマップは、お客様の声によって形成されており、皆さんがすばらしいアプリケーションを構築できるような価値ある製品強化を提供していきたいと考えています。今回、いくつかの進行中の開発状況に関して紹介するとともに、コミュニティの皆さんにアップデートを提供したいと思います。

コンポーネントファーストのアプローチでアプリ開発をスピードアップ

開発者は、アプリケーションを構築し、迅速かつ効率的に市場に投入するために、再利用可能かつポータブルなコードに長い間依存してきました。コンポーネントベースの開発は、ReactやAngularなどの人気のあるフロントエンドフレームワークの多くで開発されたアプリケーションのホームを見つけてきた、JavaScriptの現代の進化を通じて人気を維持しています。

View More

coming soon

Something Awesome Is

COMING SOON!